チャップアップとミノキシジルの併用について

MENU

チャップアップはミノキシジルと併用して果たしてメリットがあるのか

 

薄毛の主な原因と言われているAGA(男性型脱毛症)対策を行う場合、チャップアップのような育毛剤(医薬部外品)の他に、ミノキシジルと言われる医療用成分の育毛剤(発毛薬)を使う方法もあります。

 

よく比較される両者ですが、ここでは、そのチャップアップとミノキシジルの違いを明確にし、併用して使用するメリットがあるのかを考えていきたいと思います。

 

チャップアップに含まれている成分の特徴

 

チャップアップの最大の特徴は天然由来の成分から作られている育毛剤であること。

 

具体的なチャップアップの成分はこちらの記事に詳しく記載していますが、発毛促進、抜け毛予防、頭皮環境の正常化の3つを目的とした全65種類の成分が配合されています。

 

>>> チャップアップの全成分はコチラ

 

 

この中で、ミノキシジルと同じ働きをすると言われている成分がM-034という昆布由来の天然成分なります。

 

このM-034は頭皮に浸透すると、髪の毛が生えるのに大切な毛母細胞を活性化させるという臨床結果が見られたことから注目を浴びました。

 

ミノキシジルという成分の特徴

 

一方、ミノキシジルは血圧を下げる医療用成分として開発され、その副作用として多毛症状が見られたことから発毛成分として新たに利用価値を見出された成分という特徴があります。

 

海外ではミノキシジルの経口薬も認められていますが、日本では外用薬としてのみ使用が正式に許可されており、市販薬としては唯一リアップにのみ含まれている成分となります。

 

このミノキシジルはヘアサイクルの成長期を長くする効果があると考えられていて、文字通り発毛効果が期待できる成分として一躍日本でも注目を集めました。

 

しかし、元々副作用として生まれた成分のためもあってか、以下のような副作用の症例が見られるのも、効果と同様に注目を集めてしまっている点もあります。

 

  • 皮膚疾患:頭皮のかゆみ、かぶれなど
  • 精神疾患:めまい、うつ症状など
  • 循環器疾患:狭心症、脈が早くなるなど
  • 代謝系疾患:体重の増加、手足のむくみなど

 

チャップアップとミノキシジルを併用することにメリットはない

 

このようにチャップアップとミノキシジルは、大きくカテゴライズすると医薬部外品か医薬品の違いがあることがお分かり頂けたと思います。

 

ただし、薄毛に対する効果に関してはそれぞれの成分の目的が同じなため、チャップアップとミノキシジルを併用したからといって相乗効果が得られるものではありません。

 

そのため、チャップアップかミノキシジルが主成分のリアップどちらか1つを選択して使用するようにしましょう。

 

ただし、「チャップアップとリアップの比較」でも書きました通り、長く続けるのであれば、安心して長く使えるチャップアップを個人的には推奨します。

 

チャップアップ 個別記事下用バナー3

副作用の心配がないのはチャップアップ