薄毛 心配 頭皮

MENU

頭皮環境が良い状態は薄毛進行を心配する必要のない状態!

 

髪の毛が生える仕組みについてですが、髪の毛の太さや本数や強度は人それぞれ違います。

 

日本人の平均は太さが直径80〜120ミクロンといわれ、強度は1本が70〜100gの重さに耐えるといわれています。

 

これはあくまで、健康な髪の毛にあてはまる事であって、パーマやカラーをして傷んでいる髪では弱くなっています。

 

毛の生え方にも毛周期があり、まずは初期成長期で髪の毛を母細胞がつくり始めます。次に成長期で1日に約1.3mm伸びます。

 

成長期にも男女差があり、男性では平均的に3〜5年。女性は平均的に4〜6年成長します。

 

その後、退行期となり、髪の毛の成長が完全に止まり脱毛されるのですが、

 

 

その本数は成人の平均が約10万本です。

 

 

つまり、ヘアサイクルが正しく動いていればしていれば、毛髪は1日に100本ほど抜けるのは普通の事なのです。

 

ですが、それ以上に抜けてしまったり、新しい髪が生えにくくなってきた場合は、

 

頭皮のトラブルが原因の一つとなっている事を疑ってください。

 

 

正常な頭皮の状態とは

 

青白い頭皮は健康状態、正常な頭皮の色です。

 

血行も良く、頭皮の潤いも程よく保たれている状態です。

 

 

反対に

 

 

赤茶けた色

 

ピンク色

 

黄色みががった色

 

 

こうした状態はあまり良くない状況になります。

 

原因は様々で、過剰な皮脂が固まったものやフケが毛穴を塞ぐことによって、頭皮が炎症を起こして抜け落ちる事もあります。

 

解決策はそれぞれの状況に合わせてありますが、正常な頭皮の状態をキープするのに一番重要な事は、

 

 

●規則正しい生活

 

●ストレスをためない

 

●暴飲暴食をしない

 

●エアコンや紫外線を長時間浴びない

 

 

こうした日常生活の中に密接した項目が大半です。

 

しかし、生活をしていく中でおつきあいでお酒の席が多い方や帰宅時間が遅い方、お仕事や人間関係でのストレスなどを溜め込んでしまう方がとても多く、簡単な事ほど難しいのが現状です。

 

このような環境の中で、どうやって健康な頭皮を保っていけばいいのでしょうか。

 

 

頭皮環境の健康を保っていくために

 

まず、ケアを考えた時に一番に思いつくのはシャンプーやトリートメントでのケアだと思います。

 

頭皮というのは、皮膚の表面や髪の毛はpH4.5〜5.5の弱酸性に保たれています。

 

この正常値に戻すためには、どのシャンプーを選ぶのか、個々によく考える必要があります。

 

市販のシャンプーの多くは、鉱油や動植物油脂などから作られる界面活性剤入りのシャンプーで、洗浄能力が強いのが特徴です。

 

こちらは皮脂に必要な皮脂まで落としてしまうことがあるので、頭皮が傷んでいる方は避けたほうがいいです。

 

なので、シャンプーを選ぶ際には、

 

 

アミノ酸から作られる合成界面活性剤が配合されるもの

 

 

こちらをおすすめします。

 

洗浄力は少し落ちるものの、頭皮への刺激が低いので敏感肌の方にも使用できます。

 

ヘッドスパを活用する

 

今やほとんどの美容室でおこなっているヘッドスパは頭皮ケアに大変効果があります。

 

そもそもヘッドスパってなんなんだ??というかたが多いと思いますが、

 

ヘッドスパとは基本的に日常生活で溜まってしまった頭皮の汚れをしっかりと洗浄しながら、今現在必要な栄養分を補充してあげる事になります。

 

また、同時にマッサージをおこなう事で日常生活のストレスなどからはなれた時間を設ける事で心も身体もリラックス出来る時間となります。

 

普段の生活でこういう時間を作る事がなかなか難しい世の中では、意識的にこういった時間を作る事が大変重要となります。

 

 

自宅でできる頭皮ケアも取り入れる

 

とはいえ、ヘッドスパも月に何度も行けるほど、時間を作れるわけではありませんよね。

 

そのため、自宅でもできる頭皮ケアを平行して取り入れていかなければなりません。

 

例えば、日中エアコンの効いた室内、紫外線を浴びやすい屋外にいる事が多い方には頭皮用のスキャルプローションを使用する。

 

当たり前の事ですが頭皮が人間の身体の構造上、一番高い位置にある事になるのでエアコンや紫外線の影響を一番受けやすい場所になってしまいます。

 

何もつけずに外出やエアコンの下に長時間いてしまうと、直撃を受ける事となり、乾燥や炎症を起こす原因となってしまいます。

 

直接的に見えない分、一番気をつけてケアをおこなう必要がありますが、

 

ご自身で気をつけないと出来ない事がほとんどになりますので、どれだけ気を配って面倒や、時間を割く事が出来るのかがとても重要です。

 

もちろん、頭皮環境を整えるには育毛剤の使用も積極的に取り入れて行くことをおすすめします。

 

チャップアップ 個別記事下用バナー1