薄毛 対策

MENU

薄毛が気になる男性

 

やばっ!オレってもしかして薄毛・・・!?

 

薄毛に気づいたはいいけど、一体何からすればいいのさ!

 

 

そう感じているあなたに朗報です。

 

このページにはありとあらゆる薄毛対策を網羅しています。

 

ぜひあなたにピッタリの薄毛対策を探してみてくださいね。

 

 

薄毛対策13選〜世の中に存在する薄毛対策まとめ

 

 

薄毛対策にも手軽に始められるものから果てはクリニック通院まで結構な幅があります。

 

薄毛の進行度と対策は比例して大変になるのが常ですので、つるっぱげの人が頭皮マッサージだけで薄毛が回復するわけではありません。

 

ここではさまざまな薄毛対策のメリットとデメリットについてまとめていきます。

 

 

 

対策その1:頭皮マッサージ

 

薄毛の原因が頭皮の血行不良である場合、頭皮をマッサージすることで血行が改善し抜毛を抑える効果があります。

 

特に喫煙者や眼精疲労の場合は頭皮が常に凝った状態になり、血行が阻害されています。

 

バスタイムなど血行が良くなっているタイミングでマッサージを行うと効果的です。

 

メリット お金をかけずに今すぐ行うことができる
デメリット すぐに効果が現れるわけではないので効果を感じにくい

 

 

 

対策その2:食生活の改善

 

長期的に不摂生が続いた場合、毛根まで栄養が届かず髪が成長できなくなってしまうため食生活の改善は有効です。

 

人間の髪への栄養は内臓などの生命維持のための重要な器官へ送られた残りが回ってくる仕組みになっているのですが、そもそも摂取できている栄養が少ないと毛根に栄養が届かないばかりか身体の不調にもつながります。

 

髪にまで食生活が影響しているなら身体に不具合が出てもおかしくない状況なのですぐに食生活を改善したとしても重要器官に栄養が奪われ、髪にいい影響が現れるまでにはタイムラグがあります。

 

ですので日頃から食生活に関しては髪だけの問題じゃなく考えていかないといけません。

 

日頃からバランスのとれた食事をとることが難しい場合はサプリメントで補給するのもいい方法です。

 

メリット 髪だけでなく身体も健康になれる
デメリット ライフスタイルを変えなければいけないので億劫感じる場合がある

 

 

 

対策その3:十分は睡眠時間を確保

 

髪は成長ホルモンが活発化される夜10時〜深夜2時までの時間の睡眠中に補修・修復・成長します。

 

成長ホルモンは大人になるにつれ分泌量が低下するので、わずかな成長ホルモンの恩恵を確実に受けるならこの時間は寝ていることが一番です。

 

特に就寝時間がバラバラだったり細切れ睡眠などは自律神経を乱すことにもつながるので髪の成長には悪影響となります。

 

夜は早めに就寝して質のいい睡眠を確保しましょう。

 

メリット 質のいい睡眠をとることで身体が快調になる
デメリット 早めに就寝することでライフスタイルを多少変えなければいけない

 

 

 

対策その4:ストレスを溜めない

 

ストレスは自律神経を乱し、血行を阻害します。

 

頭皮の血行が阻害されてしまうと血液によって運ばれる栄養が毛根に届かなくなってしまうため薄毛を誘引してしまいます。

 

ストレスを溜めないことが一番ですが、自分なりのストレス発散法を早めに見つけることが重要なPOINTとなります。

 

メリット ストレスを溜めないことで人生が楽しくなる
デメリット うまく発散する方法が見つからない場合もある

 

 

 

対策その5:正しいシャンプーとシャンプーの仕方

 

薄毛が気になるなら使用するシャンプーの成分を一度見直してみましょう。

 

皮脂が気になるからと言って洗浄成分が強いシャンプーを使うとさらなる皮脂分泌過多を招きます。

 

できれば頭皮に優しいスカルプ系かアミノ酸系のシャンプーがいいでしょう。

 

またシャンプーするときも爪でゴシゴシ洗ってしまうと頭皮を傷つける原因にもなりかねませんので、優しく指の腹を使ってシャンプーするようにしましょう。

 

泡立てた時間よりも長くすすぎの時間をとることも大切です。

 

シャンプーのすすぎ残しは頭皮に悪影響を与えかねません。

 

メリット 低コストで髪が成長する土壌を作ることができる
デメリット どれが合っているシャンプーか使ってみないとわからないので失敗もあるかも

 

 

 

対策その6:禁煙

 

喫煙が血行を阻害することは有名ですが頭皮の血行も例外ではありません。

 

頭皮の血行が悪くなると髪の成長に必要な栄養素が届きにくくなるため髪は成長することができなくなってしまいます。

 

そのうち抜毛に発展してしまうためできるなら禁煙をおすすめします。

 

メリット 禁煙で浮いたお金を薄毛対策に使用することができる
メリット 生活が健康的になる
デメリット なかなかやめられない

 

 

 

対策その7:適度な運動

 

適度な運動は全身の血行を改善したりストレス発散になったりしますが、一番重要なのはAGAの原因でもあるDHT(ジヒドロテストステロン)を汗と一緒に排出することです。

 

DHTを阻害するために薬を服用する人までいるのに、なんと運動で排出させることができるのです!

 

M字はげやO字はげといったAGAの症状に悩まされているなら一度は試して欲しい対策ですが、なかなか運動する機会がないのも実情。

 

そんなときは気軽にラジオ体操から始めてみましょう。

 

メリット 手軽に始めることができる
メリット 薬に頼らず薄毛対策を行うことができる
デメリット 億劫に感じてなかなか行動に移せない

 

 

 

対策その8:育毛剤の使用

 

ある程度効果を見込める薄毛対策が育毛剤の使用です。

 

さまざまな育毛剤が販売されていますが、毎日長期間に渡って使用するものですので低刺激なものを選ぶようにしましょう。

 

ほとんどの育毛剤には血行促進効果・栄養補給効果・保湿効果など複数の効果が期待できます。

 

メリット 人に知られずある程度の効果を見込める薄毛対策ができる
デメリット 月間コストが必要になる

 

 

 

対策その9:レーザーブラシの使用

 

育毛サロンなどで使用されているレーザーブラシは低出力のレーザーを頭皮に当てて毛根に直接エネルギーを与えて活性化させ、発毛を促します。

 

マッサージ効果もあり頭皮の血行が改善されるため近年はニーズが高まり、一般販売もされるようになりました。

 

手軽なことも人気のひとつですが購入代金が高額になりがちです。

 

メリット 薬剤を使用せず手軽に自宅で薄毛対策を行うことができる
メリット ランニングコストは育毛剤に比べて安価
デメリット 購入金額が高い

 

 

 

対策その10:発毛剤の服用

 

ミノキシジルやプロペシアのような発毛剤を服用することで薄毛を改善していく方法です。

 

もともとは別の目的のために開発された際の副作用を利用した薬なので、医薬部外品の育毛剤に比べると副作用のリスクは高くなります。

 

日本では基本的に医師の処方がないと手に入れることができませんが、個人輸入などで安価に入手する方法もあります。

 

ただしその際は副作用のリスクも考えなければいけません。

 

メリット 育毛剤よりも効果的な薄毛対策ができる
デメリット 医師の処方が必要
デメリット 副作用のリスクが高い

 

 

 

対策その11:HARG療法

 

人間の組織の中心的役割を担う「幹細胞」から抽出された150種類以上の「成長因子」を直接頭皮に注入する方法で、毛包を蘇らせ毛母細胞を強力に刺激し発毛を促進します。

 

主なAGAクリニックで導入されている手法のひとつでクリニックによって注入される成長因子はさまざまです。

 

医療機関でしか施術を受けることができず、費用もそれなりにかかりますが並外れた発毛率が魅力です。

 

メリット 短期間で高い発毛率を誇る
デメリット 費用が高額
デメリット 注射器で注入することがほとんどなので痛い

 

 

 

対策その12:自毛植毛

 

自分の髪の密度の濃い場所から薄い場所へ髪を移植する方法が自毛移植です。

 

自分の髪を毛根ごと植え付けるので定着すれば髪も普通に伸びてきて、植毛と言えどより自然な状態になるのが特徴です。

 

医療機関でしか施術を受けられず、ほとんどのクリニックでは日帰り手術となります。

 

自毛植毛をしても薄毛になる要因を取り除いたわけではないため、継続して薄毛対策は必要になります。

 

メリット 自分の髪を移植するのでナチュラルな仕上がりになる
デメリット 費用が高額
デメリット 継続して薄毛対策は必要(終わりがない)

 

 

 

対策その13:かつらの着用

 

もう薄毛対策は諦めて潔くかつらを着用することも最終手段としてあげてみます。

 

近年はかつらの精度も上がりパット見ではかつらと分からないことが多くなっていますが、ちょっとした衝撃でズレたり風で飛んだりすることもあります。

 

手軽に着用できることがメリットのひとつですが、ひとたびかつらを着用するとずっと着用しなくてはいけなくなるためメンテナンスにも費用がかさんできます。

 

メリット かぶるだけであっという間に髪が蘇る
デメリット 費用が高額でメンテナンスも必要
デメリット 1回着用すると永遠に着用する覚悟がいる

 

 

 

育毛を始める際の一番おすすめの対策は?

 

薄毛を改善する補助的な対策から本格的な対策まで、世の中のほとんどの薄毛対策を網羅しました。

 

お金をかけずに手軽にできる対策から高額だけど効果てきめんな対策までいろいろな対策がありますが、費用をできるだけかけずに、かつできるだけ効果が高い対策はと言うと『育毛剤の使用』がこれに当たります。

 

育毛にかかる費用を抑えつつ比較的かんたんに導入することができるので、まずは育毛剤から始めることをスタートとしてください。

 

頭皮マッサージや適度な運動を取り入れるなど、コストがかからない対策は並行して行うのがいいでしょう。

 

私も育毛剤からスタートし、紆余曲折を経て効果を実感することができています。

 

私は数ある育毛剤の中でチャップアップを使い続けて薄毛の改善を実現することができましたが、

 

どのように育毛剤を使うと効果的なのか、そして成功だけでなく失敗も経験しているので私が落ちた穴にあなたまで落ちないよう、じっくり読んでみてください!

 

>> 失敗から学んだ私の育毛成功体験はこちら!

 

チャップアップ 個別記事下用バナー3