薄毛になる生活環境

MENU

チャップアップの効果がない理由〜髪や頭皮に負担をかけている生活環境を見直そう!

チャップアップで効果が出ない場合、もしかしたら髪や頭皮に負担をかけている生活環境に置かれているかもしれません。

 

薄毛になる原因は本当に複雑で、それは生活習慣にも及んでいます。

 

仕事が忙しすぎて睡眠不足だったり食事は外食やコンビニ弁当ばかりだったり、ストレスや喫煙などの些細な事でも薄毛の原因には十分なりえるのです。

 

よく「歳をとったらガタがきて・・・」なんて言いますが、これは年齢を重ねたからガタが来たわけではなく年齢を重ねるごとに蓄積されたものが許容量オーバーになっただけのこと。

 

睡眠不足や食生活の乱れも些細なことではありますが回数を重ねるごとに蓄積されているのです。

 

チャップアップで期待していたほどの効果を実感できないならあなたの生活習慣を改善する余地はあるはずです。

 

現に、髪や頭皮に異常が現れているなら体の末端組織がうまく形成できなくなりつつあるという動かない証拠。体が悲鳴を上げているのです!

 

髪や頭皮のため、あなたの身体のために、今までの生活習慣を見なおしてみましょう。

 

髪や頭皮に負担をかける悪習慣

 

睡眠不足

 

毛髪の成長に不可欠な成長ホルモンが多く分泌されるのは夜10時〜深夜2時の4時間。

 

この時間に質の良い睡眠を取ることで成長ホルモンが促され、毛母細胞の分裂が活発化します。

 

仕事などでなかなか10時までに眠れないなら週末だけでもこの時間は睡眠を取るように心がけてみましょう。

 

食生活の乱れ

 

食生活が乱れ、人体に必要な栄養素が不足してくると髪や爪などの末端組織から異常が出てきます。

 

女性が急激なダイエットで髪が抜けた、という話は極端ですが髪の栄養素が不足してしまうと毛母細胞の分裂ができなくなったり、

 

髪が成長できなくなってしまうためできるだけ不足しないよう意識しなければいけません。

 

口から入った栄養素はまず内臓などの主要器官に送られ生命を維持し、栄養素が余れば体の末端組織へと送られていきます。

 

逆を言うと髪のような末端組織まできちんと届くほどの栄養を日々摂取しなければいけないのです。

 

ストレス

 

人間の体はストレスに対処する方法を知っていて、ストレスを受けると自律神経のひとつである交感神経が働き心臓の動きを活発にさせ、

全身にたくさんの血液を供給し栄養を送り込むことで対処しています。

 

これが慢性的にストレスを受け続けてしまうと血管が常に収縮してしまい逆に血行不良を招いてしまいます。

 

頭皮を走る血管も当然、その働きを弱めてしまうため大切な栄養分や酸素が毛根に届かず薄毛を引き起こしてしまいます。

 

さらにストレスは自律神経に作用するため睡眠不足を引き起こす可能性もあるので、ストレスを感じるなら発散する方法をしっかり持つことが大切なポイントになります。

 

ストレスを受けたならリラックスする時間も必要です。

 

ストレスを受けて交感神経が活発になるなら同じくらい副交感神経を活発化させる時間も必要ということです。

 

喫煙

 

タバコに含まれるニコチンは血行を悪くする働きがあります。

 

頭皮の血行が悪くなると毛髪の成長に必要な栄養素や酸素が毛根に届かなくなるため髪が薄くなります。

 

さらにタバコに含まれる大量の有害物質が体内の栄養素を消費してしまい毛根まで届かなくなります。

 

もしあなたが今、育毛剤の効果がなくて悩んでいるなら禁煙を視野に入れて薄毛対策をしたほうがいいかもしれません。

 

できることから始める髪に優しい生活習慣

 

長年培った生活習慣を明日から変える、ということはなかなかできません。

 

ただしこうして今、髪に変化が起こっているということは体の末端組織に異常が出始めているというサイン。

 

気がついた時に対処しないと失うものは髪だけにとどまらない可能性もあります。

 

重大な病気を引き起こしてしまう前に、気になる生活習慣は改める努力をすべきです。

 

簡単な、できることから少しずつ改善するだけでもOK。

 

当面は髪のため、長い目で見れば体のためにできることから生活習慣を改善していきましょう。

 

チャップアップ 個別記事下用バナー3