チャップアップが効果のない理由:薄毛になる生活習慣

MENU

チャップアップの効果がない!?それ以前に髪や頭皮に負担をかけている生活習慣を見直そう!

 

チャップアップを使っても効果がないという方ほど、生活習慣に無関心と言っても過言ではありません。

 

かくいう私もその1人でしたが、薄毛になる原因は本当に複雑で、生活習慣1つとっても深く関係しています。

 

では具体的にどんな生活習慣が、薄毛と関係しているのかについて見ていきましょう。

 

髪や頭皮に負担をかけて薄毛の原因となってしまう生活習慣とは

 

睡眠不足

 

毛髪の成長に不可欠な成長ホルモンが多く分泌されるのは夜10時〜深夜2時の4時間。

 

この時間に質の良い睡眠を取ることで成長ホルモンが促され、毛母細胞の分裂が活発化します。

 

仕事などでなかなか10時までに眠れないなら週末だけでもこの時間は睡眠を取るように心がけてみましょう。

 

食生活の乱れ

 

食生活が乱れ、人体に必要な栄養素が不足してくると髪や爪などの末端組織から異常が出てきます。

 

女性が急激なダイエットで髪が抜けた、という話は極端ですが髪の栄養素が不足してしまうと毛母細胞の分裂ができなくなったり、

 

髪が成長できなくなってしまうためできるだけ不足しないよう意識しなければいけません。

 

口から入った栄養素はまず内臓などの主要器官に送られ生命を維持し、栄養素が余れば体の末端組織へと送られていきます。

 

逆を言うと髪のような末端組織まできちんと届くほどの栄養を日々摂取しなければいけないのです。

 

ストレス

 

人間の体はストレスに対処する方法を知っていて、ストレスを受けると自律神経のひとつである交感神経が働き心臓の動きを活発にさせ、

全身にたくさんの血液を供給し栄養を送り込むことで対処しています。

 

これが慢性的にストレスを受け続けてしまうと血管が常に収縮してしまい逆に血行不良を招いてしまいます。

 

頭皮を走る血管も当然、その働きを弱めてしまうため大切な栄養分や酸素が毛根に届かず薄毛を引き起こしてしまいます。

 

さらにストレスは自律神経に作用するため睡眠不足を引き起こす可能性もあるので、ストレスを感じるなら発散する方法をしっかり持つことが大切なポイントになります。

 

ストレスを受けたならリラックスする時間も必要です。

 

ストレスを受けて交感神経が活発になるなら同じくらい副交感神経を活発化させる時間も必要ということです。

 

喫煙

 

タバコに含まれるニコチンは血行を悪くする働きがあります。

 

頭皮の血行が悪くなると毛髪の成長に必要な栄養素や酸素が毛根に届かなくなるため髪が薄くなります。

 

さらにタバコに含まれる大量の有害物質が体内の栄養素を消費してしまい毛根まで届かなくなります。

 

もしあなたが今、育毛剤の効果がなくて悩んでいるなら禁煙を視野に入れて薄毛対策をしたほうがいいかもしれません。

 

自分で出来ることにプラスαでチャップアップが力になる

 

このようにチャップアップを使ったから薄毛が改善されるのではなく、チャップアップはあくまで薄毛改善策の1つにすぎません。

 

つまり、単にチャップアップを使えば効果が期待できるというわけではなく、生活習慣の改善も重要な要素となるのです。

 

現に、髪や頭皮に異常が現れているなら体の末端組織がうまく形成できなくなりつつあるという動かない証拠。

 

長年培った生活習慣を明日から変える、ということはなかなかできないと思いますが、薄毛を本気でどうにかしたいんであればやるしかありません。

 

ただ、何も一度にどうにかしろと言うわけでなく、簡単なできることから少しずつ改善するだけでもOKです。

 

一度失われた髪は簡単に戻ることはないので、長丁場は覚悟しなければいけません。

 

でも、その期間をできるだけ短縮してくれる役割をチャップアップが担ってくれますので、チャップアップを使い続けながら自分でできることを1つ1つ並行していきましょう。

 

チャップアップ 個別記事下用バナー3

出来るだけ早く薄毛をどうにかしたいからチャップアップがある