整髪料 つけたまま

MENU

整髪料をつけたままによるダメージは計り知れない

 

最近、髪が以前よりも少なくなった気がするあなた。

 

そうはいっても仕事がら、お客様と接する上で身なりはきちんとしなければいけない。

 

髪型も整髪料でバッチリ固めるのは、もはや社会人としてのマナー。

 

現在は、昔に比べて髪に負担をかけないような整髪料も多く開発されているため、

この記事でも詳しく書いてあるように、整髪料をつけることが直接的な薄毛の原因には結びつかなくなってきました。

 

しかし、

整髪料をつけたまま

 

 

この行為は、はっきりと薄毛を進行させる原因になり得ます。

 

これを理解しないまま、チャップアップのような育毛剤を使って薄毛対策をしようと思っているのであれば、

残念ながら期待している効果は得られませんので、この機会に考えを改めましょう!

 

整髪料の種類と髪への負担

 

整髪料は主に液・霧状タイプと固形タイプの2種類に大別できます。

 

そこから、液状タイプであれば、ウォーター・スプレー・ミスト・オイル・リキッド、固形タイプはクリーム・ワックスと分類されます。

 

さらに、同じワックスでもハードタイプ・アレンジタイプ・グロスタイプなど、細かく分ければかなりの種類があります。

 

これらのうち、スプレー、ハードタイプ・アレンジタイプのワックスには樹脂が入っています。

 

また、その他にも各種油脂成分や、シリコンが配合されていることが多々あります。

 

実はこれらの化学物質、

髪に一度つけてしまうと、そう簡単には落ちてくれないんです。

 

 

ワックスをつけている人用のシャンプーなどもありますが、それを使っても完璧には落とせていないことが多く、

それを毎日続けていってしまうと、落としきれていない化学物質の上からさらに化学物質を厚塗りしてしまうことになってしまいます。

 

この状態が続くと、髪は呼吸をすることが出来なくなり、どんどん弱まってしまいます。

 

そして残念ながら毛根が死滅してしまい、いずれ抜け落ちてしまうのです。

 

これが「整髪料をつけたまま」が引き起こすダメージの1つです。

 

整髪料による頭皮への負担

 

怖いのは髪そのものに対する影響だけではありません。

 

整髪料をつけたまの状態では、頭皮に対するダメージもとても大きいのです。

 

あなたは普段、整髪料を使う際に、

髪にのみ付け、頭皮には付けないように気をつけている

 

そう自信を持って言えますでしょうか?

 

クリームやワックスであれば、気をつけようも多少はありますが、液状やミストタイプは、正直難しいですよね。

 

ましてや、髪に付着した化学物質は、あなたのかいた汗に溶け出し頭皮へと自然に流れていってしまいます。

 

そうなってしまったらすぐに洗いたいところですが、頭を洗うのは帰宅してお風呂に入る時くらいですよね?

 

つまり、

溶け出した化学物質は日中の間ずっと頭皮に付いた状態

となってしまっているのです。

 

結果、様々な有害物質を含んだ化学物質に少しずつ、しかし確実に頭皮はダメージを受けていくでしょう。

 

それをまた毎日続けるとどうなるでしょうか。

 

頭皮に湿疹や爛れなどの皮膚炎が発症してしまい、脱毛が加速してしまうことになってしまうのです。

 

仕事がら避けられない整髪料を使うなとは言えませんが、

使用するたびに少しずつ薄毛・抜け毛になってしまう原因を作ってしまっている

ということは、ちゃんと理解しておくべきです。

 

 

●しっかりと整髪料を落とすための正しいシャンプー

 

●ダメージを受けている頭皮を健康な状態にする

 

 

仕事がら、整髪料を使わざるを得ない人は、ここをしっかりと意識した上で、

薄毛の進行を悪化させないために、そして正常な頭皮や髪に戻すためにチャップアップのような育毛剤を使ってケアをしていきましょう。

 

チャップアップ 個別記事下用バナー2